INTERVIEW

​社員インタビュー

image 162.png

部署を越えたスムーズな
コミュニケーションが取りやすい、
エンジニアにとって理想の仕事場です。

Meza Rodriguez Jeany Sergei

開発デザイン部 フルスタックエンジニア
2021年4月 入社

image 163.png

他社を経験してわかった、
C Channelの強みと優れたポイント。

大学在学中にC Channelでインターンシップとして働きました。
その自由でオープンな職場環境を体験し、スタートアップベンチャーのエンジニアを経て、改めてC Channelに入社しました。

私は現在、フルスタックエンジニアとして、主に「Lemon Square」のサービス改善や新しい機能の計画、設計・開発に携わっています。
エンジニアとしてやりたいことをやらせてもらえる環境はとても理想的です。

それを支えているのは、やはり開発チームのコミュニケーションの取りやすさだと思います。
営業の中にもエンジニアと共通言語で会話のできる専門知識の高いスタッフがいたり、開発チーム内でも気軽に質問できたりするので仕事をスムーズに進めることができています。
その環境のおかげで、自分のこだわりを追求することに集中できています。

新たなサービスをリリースしたときも、ユーザーの反応やレビューを見ることで達成感を味わうことができます。

開発を実践しながら成長できる、
チームワークを最大限に活かせる環境です。

C Channelは、エンジニアの育成にも優れていると思います。
ジュニアとシニアを組ませるペアプログラミングを導入しており、私もインターン時代に未経験だったバックエンドの開発にはじめてチャレンジさせてもらえたことで成長することができました。
このような経験を重ねて、自分の専門分野を広げることで、現在はフルスタックエンジニアとしてキャリアを積むことができています。

養った技術やスキルを活かしてインフルエンサーやユーザーの方たちが自分らしく輝くことを応援できるのはうれしいし、仕事を続けるためのモチベーションにもなっています。

image 164.png
image 165.png

ワールドワイドに活躍できる
エンジニアをめざしてスキルを磨いています。

将来的にやっていきたいことに、Androidの知識を深めていくことや人工知能・機械学習など新しいテクノロジーの習得があります。
そうした新しいスキルをどんどん身につけて、実践で役立てていきたいです。

また、私が開発を担当している「Lemon Square」はもともとインドネシアでスタートした「Lemon」というサービスが原点です。
現在もインドネシアのチームと連携しながら共通の課題に取り組んだりしているので、これからはグローバルな展開にも関わっていきたいと考えています。

自分の知識や技術を使って、C Channelの優れたサービスを国際化し、世界へ広くリリースできるエンジニアをめざします。

image 166.png

先輩に聞きました

メサさんはエンジニアのプロフェッショナルとして開発チーム全体を引っ張ってくれるとても頼もしい存在です。
また、課題の発見から解決までを端的でスピーディに推し進める姿勢や、柔らかく丁寧にコミュニケーションをとる姿勢を備えているため、開発チームにとどまらず、プロダクトに関わるメンバー皆からの信頼も厚いです。

開発デザイン部 デザイナー 藤森 大樹

​FAQ よくある質問

Q. 採用までのプロセスを教えてください。

カルチャー、バリューフィットを重視しており、合計で4回の面接を実施予定です。

書類選考
①一次面接
②人事面接
③代表面接
④役員(最終)面接 ※取締役、執行役員4〜5名との面接となります

オファー面談
※書類選考からオファーまでは約2~3週間程度の期間を頂いております

Q. 社内コミュニケーションはどのように取られていますか

日常的なコミュニケーションは「Slack」を活用しています。
月1回の全社ミーティングの実施、半期ごとの1on1面談や四半期ごとのCEO面談を導入しており、上長や代表・森川と定期的な意見交換ができる場を設けています。
社員同士のコミュニケーションとしては「シャッフルランチ」を定期的に開催。
他部署間のメンバーとコミュニケーションをはかることができます。

Q. 研修制度などはありますか

新しく仲間に加わっていただいた方には「新入社員オリエンテーション」を受けていただきます。
基本的な会社のルールや規則はもちろん、企業文化や各事業の紹介などを行います。
また代表・森川主導による「7つの習慣 手帳研修」や、著名な方をゲスト講師としてお招きする勉強会を開催し、企業文化だけではなく、各個人のビジネススキルに役立てていただける機会を積極的に設けています。

Q. C Channelの今後の事業について教えてください

これまではメディアを中心とした事業展開でしたが、新規事業である「Lemon Square」や「Lemon Create」を中心とした、企業×インフルエンサー(クリエイター)のマッチングプラットフォーム事業を展開して行きます。
テクノロジーを活用した、次世代型のマーケティングプラットフォームを目指し、自社メディアを存続しつつ、個人の方がより活躍できる場づくりも行って行きます。

Q. C Channel ではどのような方が働いていますか

現在の社員数は70名。営業、動画制作、エンジニア、デザイナー、バックオフィスなど、さまざまなメンバーが活躍しています。平均年齢は 33.9歳、男女比率は 男性40%、女性60%です。