INTERVIEW

​社員インタビュー

image 157.png

スタッフのアイディアを積極的に
取り入れてくれる。
フレキシブルで自由な環境に
​魅力を感じています。

齋藤 夏子

営業部 営業

2021年​4月 入社

image 158.png

自分らしさを反映できて、
仕事の幅を広げやすい雰囲気が整っています。

私の主な仕事は、既存のクライアントを中心に、先方の課題や要望をヒアリングしながら、企画を立てて提案していくことです。
仕事は多岐にわたるため、案件ごとにいろいろトライしながら時間管理や優先順位をつけていきました。
既存の広告メニューもありますが、それだけではお客様のニーズに応えられない場合、新たに独自メニューを組み立てて提案したりもします。

特にやりがいを感じているのは、いま推し進めているクライアントのライブ配信企画です。自ら提案したアイデアを会社の仲間たちと試行錯誤しながら進めていくことは大変ですが楽しい仕事。先輩に過去の仕事を聞いて参考にしたり、制作チームとアイデアを出し合ったり、自分で率先してチームをリードしています。

オリジナルメディアの力を借りてクライアントと話を進めていけるのはC Channelで働くメリットだと思います

業務に直接関係ない企画にも寛容な
経営陣のスタンスも働きやすさを支えています。

中途採用のうえ、リモート中心の勤務になってからの入社だったため、他のスタッフとなかなか顔を合わせる機会がありませんでした。
そこで、入社まもない3人で「シャッフルランチ」を企画して会社に提案しました。

社長をはじめ、役員の皆さんも賛同してくれた結果、すんなりと企画がスタート。
しかも、ランチ補助金まで付けてもらえることに。
入ったばかりの社員の意見もしっかりと受け止めてくれるカルチャーはC Channelだからこそかもしれません。

image 159.png
image 159.png

ワンチームで取り組みやすい、
リモート環境の利点を活かしています。

前職では、スモールビジネスのオーナー様がお客様で、営業も一人で一日外回りをしていました。
C Channelに入ってからは、リモートワークが増えたこともあって、逆に商談にもチームを巻き込みやすくなったことがプラスに働いています。
それが会社のバリューにある、ワンチームや早く動く、三方よしといったキーワードを活かしやすい環境になっています。

今後は、自分の強みとして専門的な力をつけながら、いっそうクライアントへの提案力を高めていきたいです。
いまは新たにクライアントとの勉強会も企画中ですので、それをいち早く実現させるのが楽しみです。

image 161.png

先輩に聞きました

経営目線をもって顧客課題を解決したいという強い意志と自身の体験や経験からの提案は説得力が高く、顧客からの信頼も日に日に上昇中!
また一つ一つの案件を「やり切る」力と、周りを巻き込む「ワンチーム」は会社のバリューを体現してくれています!
マーケティングソリューションをもっと身に付ける事で、さらなるステップアップを期待しています!!

取締役 C CHANNEL事業本部長 武藤 崇雄

​FAQ よくある質問

Q. 採用までのプロセスを教えてください。

カルチャー、バリューフィットを重視しており、合計で4回の面接を実施予定です。

書類選考
①一次面接
②人事面接
③代表面接
④役員(最終)面接 ※取締役、執行役員4〜5名との面接となります

オファー面談
※書類選考からオファーまでは約2~3週間程度の期間を頂いております

Q. 社内コミュニケーションはどのように取られていますか

日常的なコミュニケーションは「Slack」を活用しています。
月1回の全社ミーティングの実施、半期ごとの1on1面談や四半期ごとのCEO面談を導入しており、上長や代表・森川と定期的な意見交換ができる場を設けています。
社員同士のコミュニケーションとしては「シャッフルランチ」を定期的に開催。
他部署間のメンバーとコミュニケーションをはかることができます。

Q. 研修制度などはありますか

新しく仲間に加わっていただいた方には「新入社員オリエンテーション」を受けていただきます。
基本的な会社のルールや規則はもちろん、企業文化や各事業の紹介などを行います。
また代表・森川主導による「7つの習慣 手帳研修」や、著名な方をゲスト講師としてお招きする勉強会を開催し、企業文化だけではなく、各個人のビジネススキルに役立てていただける機会を積極的に設けています。

Q. C Channelの今後の事業について教えてください

これまではメディアを中心とした事業展開でしたが、新規事業である「Lemon Square」や「Lemon Create」を中心とした、企業×インフルエンサー(クリエイター)のマッチングプラットフォーム事業を展開して行きます。
テクノロジーを活用した、次世代型のマーケティングプラットフォームを目指し、自社メディアを存続しつつ、個人の方がより活躍できる場づくりも行って行きます。

Q. C Channel ではどのような方が働いていますか

現在の社員数は70名。営業、動画制作、エンジニア、デザイナー、バックオフィスなど、さまざまなメンバーが活躍しています。平均年齢は 33.9歳、男女比率は 男性40%、女性60%です。