INTERVIEW

​社員インタビュー

image 152.png

​仕事へのモチベーションや

キャリアップを描きやすい職場で

チームと一緒に働けるのがなによりも楽しい。

今富 郁哉

インフルエンサー部 営業

2018年​4月 新卒入社

image 153.png

入社半年で仕事を任される喜びと責任が、
個人の成長を促してくれます。

新卒でC Channelに入社して以来、営業として走りつづけて四年目。私の下にも後輩が入ってきて、どう仕事を教えていくかが自身の課題としてあります。
当社は、上司だけでなく、役員や社長とも気軽に話し合える関係が根づいているので、仕事が進めやすい職場です。
先輩たちにならって、自分も後輩から信頼され、気兼ねなく相談される存在を目指したいと思っています。

また、C Channelのカルチャーには、やる気があれば仕事を任せてもらえる環境があります。
僕の場合、入社して半年くらいで一つの案件を任せてもらえるようになりました。
上司のアドバイスを受けながらですが、社内のスタッフをあつめて、ワンチームで取り組んだ仕事は大きなやりがいを生んでくれました。
また、C Channelの仕事はユーザー反応が目に見えてわかることが多いです。
私が関わった動画の再生回数やエンゲージメント、「いいね」の数が増えるのを目にすると、次につながるモチベーションになります。

目標とする次のステージがあれば、
いつだって相談にのってくれます。

長く営業を続けてきて、そろそろ自分も次のステップをめざしたいと思い立ったときも、会社として真摯に相談を受けてくれました。
インフルエンサー事業でやりとげてみたいことがあったので相談すると、異動できることに。

実際インフルエンサーのLIVE配信を行ったときには、初めて経験することばかりで試行錯誤の連続でしたが、仲間の助言を頼りに粘り強くやりきることができました。

image 154.png
image 155.png

プロジェクトに関わるすべての人の
メリットを考えて動くことが大切。

これまでの経験から、自分なりの営業としてのスタンスを確立してきました。
クライアントがいて、ユーザーがいて、社内のスタッフがいる環境を調整していくのが役割。それぞれが求めるポイントは違いますが、めざしているゴールは一つです。
互いの関係を円滑にするために、クライアントから言われたことをそのままインフルエンサーや社内スタッフに伝言するだけではなく、同じ内容でもどう伝えればみんなが気持ちよく仕事できるか、最終的には、それがユーザーのどんなメリットにつながるかを常に意識しています。
その実現に向けて、いつも先手を打って動き、プロジェクトに関わるすべての人のポテンシャルを最大限引き出せるような人材をめざしたいと思います。

image 156.png

先輩に聞きました

仕事が丁寧で抜け漏れがなく非常に安定感がある。
それでいながら営業としても数字が作れる。攻守のバランスが優れた万能タイプ。
コミュニケーション能力も高いので、顧客からも社内からも信頼が厚く、私も頼りにしています。
ちょっと褒めすぎました。

取締役 インフルエンサー事業本部長 丹羽 歩

​FAQ よくある質問

Q. 採用までのプロセスを教えてください。

カルチャー、バリューフィットを重視しており、合計で4回の面接を実施予定です。

書類選考
①一次面接
②人事面接
③代表面接
④役員(最終)面接 ※取締役、執行役員4〜5名との面接となります

オファー面談
※書類選考からオファーまでは約2~3週間程度の期間を頂いております

Q. 社内コミュニケーションはどのように取られていますか

日常的なコミュニケーションは「Slack」を活用しています。
月1回の全社ミーティングの実施、半期ごとの1on1面談や四半期ごとのCEO面談を導入しており、上長や代表・森川と定期的な意見交換ができる場を設けています。
社員同士のコミュニケーションとしては「シャッフルランチ」を定期的に開催。
他部署間のメンバーとコミュニケーションをはかることができます。

Q. 研修制度などはありますか

新しく仲間に加わっていただいた方には「新入社員オリエンテーション」を受けていただきます。
基本的な会社のルールや規則はもちろん、企業文化や各事業の紹介などを行います。
また代表・森川主導による「7つの習慣 手帳研修」や、著名な方をゲスト講師としてお招きする勉強会を開催し、企業文化だけではなく、各個人のビジネススキルに役立てていただける機会を積極的に設けています。

Q. C Channelの今後の事業について教えてください

これまではメディアを中心とした事業展開でしたが、新規事業である「Lemon Square」や「Lemon Create」を中心とした、企業×インフルエンサー(クリエイター)のマッチングプラットフォーム事業を展開して行きます。
テクノロジーを活用した、次世代型のマーケティングプラットフォームを目指し、自社メディアを存続しつつ、個人の方がより活躍できる場づくりも行って行きます。

Q. C Channel ではどのような方が働いていますか

現在の社員数は70名。営業、動画制作、エンジニア、デザイナー、バックオフィスなど、さまざまなメンバーが活躍しています。平均年齢は 33.9歳、男女比率は 男性40%、女性60%です。