top of page

C Channelの韓国好き動画クリエイター・りゅうが、Abemaグローバルボーイズオーディション番組「少年ファンタジー」の魅力を15分に凝縮したダイジェスト動画のナレーションを担当!

C Channel株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川 亮)所属の韓国好き動画クリエイター“りゅうが”が、「ABEMA」で日韓同時、日本語字幕付きにて国内独占無料放送しているグローバルボーイズオーディション番組「少年ファンタジー~放課後のときめきシーズン2~」のダイジェスト動画ナレーションを担当いたしました。



C Channel所属クリエイター「りゅうが」からのコメント

みなさんこんにちは、りゅうがです!

今回、人生で初めて番組のナレーションを担当させていただきました!収録前はすごく緊張しましたし、動いている姿や表情が伝わる動画とは違い、声のみで感情を表現しなければならなかったので、かなり苦戦しました。

ですが、僕も注目していた少年ファンタジーのナレーションだったので、楽しく元気いっぱいに、リアルなリアクションをすることができました!少年ファンタジーをまだ見てない方に、ぜひ見て欲しいです! りゅうがナレーション動画の視聴URL

【15分で分かる!】少年ファンタジー #1〜3 SPダイジェスト



■『少年ファンタジー~放課後のときめきシーズン2~』番組概要

「ABEMA」で日韓同時、日本語字幕付きにて国内独占無料放送中の『少年ファンタジー~放課後のときめきシーズン2~』は、『PRODUCE 101』などのオーディション番組を手掛けてきたハン・ドンチョル氏がプロデューサーを務め、日本人5名を含む全54名がデビューを、そして人生をかけた熾烈なバトルを繰り広げています。


本番組の参加者の中には、すでにグループとしてデビューしているメンバーも複数名おり、オーディション番組からは『PRODUCE X 101』出身のムン・ヒョンビン、J.Y. ParkとPSYがタッグを組んだ『LOUD』ファイナリストのカン・ヒョンウ、『青春スター』出身のパク・ミングン、HYBE LABELS JAPANが主催した『&AUDITION』出身のユ・ジュンウォン、『PEAK TIME』出身のテソンらが参加。名だたるオーディションを勝ち抜いてきた実力のある参加者たちが多数いることでも話題に。


オーディションは“4学期制”となり、全ての学期を通過しないとデビューステージに立てず、さらにそこからプロデューサー4名の評価を経て、生き残った12名だけがデビュー。少年たちの本気の戦い、そして切磋琢磨しながら作り上げていくステージとパフォーマンスに、ぜひご注目ください。


毎週木曜 夜10時より、「ABEMA SPECIAL」チャンネルにて放送中(番組トップページ:https://abema.tv/video/title/633-1)


■りゅうがプロフィール

C Channel所属。YouTube、Instagram、TikTokを中心に活動中の韓国好き動画クリエイター。YouTubeチャンネルにはK-POPのカバーダンスを中心に、韓国カルチャーに影響を受けたライフスタイル、ファッション、メイクなど、さまざまなジャンルの動画を投稿。同世代の女性からの支持も多い。

りゅうがYoutubeチャンネル

りゅうがTikTok

りゅうがInstagram

お仕事の依頼はこちら💁‍♂️ clipper.info@cchan.tv りゅうが宛


C Channelクリエイター(インフルエンサー)リスト



【会社概要】

社名:C Channel株式会社

設立:2015年4月

代表者:代表取締役社長 森川亮


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

コメント


bottom of page